お問い合わせサイトマップ

『電池交換だけでは正常復帰しない?』

平成21年式のスズキ・ワゴンR(車両型 式CBA−MH23S、エンジン型式K6A)でコ ンビネーション・メータ内にキーレス・ プッシュ・スタート・キー電池消耗警告灯 が点灯し、電池交換をしても消灯しないと いうトラブル相談を受けた。
 症状を詳しく確認すると、ドアのロック、 アン・ロック及びエンジン・スタートは正 常に作動するが、電池交換後も電池消耗警告灯が消灯しないとのことだった。
 この車両はキーレス・プッシュ・スタート・キーが採用されており、室内にキーがあれ ばキー・シリンダにキーを差し込まなくとも、エンジン・スイッチを押すとエンジンが始 動出来るようになっている。また、キーの電池消耗が著しい場合、メータ内に電池消耗警 告灯を点灯するようになっている。
 キーの電池を交換してもメータ内に電池消耗警告灯が点灯することから、何らかのDTC (ダイアグノーシス・トラブル・コード)を検出している可能性があるので、スキャンツー ル(外部診断機)で確認してもらうとB1134「携帯リモコン電池消耗」を表示した。
 DTCを検出したことにより電池消耗警告灯が点灯したままになっている可能性もあるの で、DTCを消去してもらったが消去できないとのことだった。
 FAINESでB1134「携帯リモコン電池消耗」及び「DTCの消去」の内容を確認すると、こ のコードは修理を完了させてもBCM&J/B(ボデーコンピュータ)が正常であると判定す るまで、DTCを消去することができないと記載があった。また、その判定方法を正常判定 操作と言う。
 電池消耗警告灯が消灯しないのはBCM&J/Bが正常判定を認識していないことによりDTC が消去出来ないと考え、以下の手順を行ってもらった。

会員向け情報 | 技術相談窓口 | FASペーパーバンク |  年間予定表 | 政府関係金融制度 | 中小企業融資制度一覧表 | 税制優遇制度 | 
一級及び認定資格にチャレンジした方の感想 |  FAS技術相談NEWSバックナンバー | FAS看板チラシ | FASデザインマニュアル | 適合商品のお問い合わせ  | HOME 

(一社)福岡県自動車整備振興会(FAS) 〒812-0051 福岡市東区箱崎ふ頭6丁目7番16号 TEL(092)641-3171/FAX(092)641-3178

Copyright (c) 2012Fukuoka Automobile Service Promotion Association.